jcssでより正確に、jcss企業ランキング

信頼できるjcss専門企業の探し方

jcss専門企業は、インターネットで検索すると多く出てきます。しかし、どの企業が信頼できる所なのかが分からないです。そこで、jcss専門企業に関するランキングサイトを参考すると良いでしょう。このランキングサイトは、人気別のランキング形式で紹介しているので、信頼できる所をすぐに探すことができるようになります。

そして、このランキングサイトは運営者一押しのjcss専門企業も紹介しています。料金やサービスなど総合的にオススメの企業を紹介しています。どこの企業を利用したら良いのか分からない方は、運営者一押しの企業を利用することも良いでしょう。

またこのランキングサイトでは、どうやってjcss専門企業を選んだ方が良いというポイントも紹介しています。今までまったく利用したことがない方にとっては、非常に参考になる情報となっていますので一読しておきましょう。

JEMIC

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★★
サービス ★★★★★
情報の多さ ★★★★★
利用しやすさ ★★★★★

日本電気計器検定所、通称JEMICではjcss基準に対応した標準機や計測機の校正を行っています。JEMICでは厳正で適切な校正を実施しています。JEMICの校正を通過した標準機や計測機にはきちんとjcssの認証を得た証明書を発行してもらえます。

jcssの認証を受ける事が出来ればISOなどの国際規格の外部審査などに安心して挑む事が出来ます。また、日々の製品製造において、安心して標準機や計測機を使用する事が可能です。JEMICで校正を受けた標準機や計測機は数値に狂いが本当になく安心して使用する事が出来ます。

クレームなどで製品の量目などに関して調査が入った時、JEMICできちんと校正を行っていれば、発行して貰った証明書を提示しましょう。そうすればクレーム対応において量目等に関して問題は無いという証明にも使用する事が可能です。

株式会社村上衡器製作所

総合評価 ★★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス ★★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★★

株式会社村上衡器製作所では、校正サービスを行っています。製品を製造するためであったり、検査をするための設備や工具などは、しっかりと機能している必要があります。しっかりと機能していなければ、良い製品を作ることができません。

この会社は、100年以上の歴史によって様々な蓄積があります。それは、経験であったり、技術力であったりします。100年以上続いている会社ですので、しっかりとした技術力を有しているのではないかと考えられます。

また、jcss認定を取得しているので安心して校正をしてもらうことができます。jcssは、校正に関する技術力を有していなければ取得できないものですので、認定されているということは、信頼できるということです。

旭テクノプラント

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★★
サービス ★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★

旭テクノプラントは、設備の設計から保全まで、全てをトータルサポートしています。そのため各種プラントの通信設備の設計、施工、試験調整や保安まで一貫して行っているので安心です。また、水リサイクルや土壌浄化、それから環境対策の事業も展開していて、地域社会にも貢献している会社です。

それから、旭テクノプラントは知恵と技術を活かしている技術集団でもあります。そのため、太陽光発電事業や建築、試験運転調整等、中四国でトップクラスの実績があり、信頼がある会社です。また、品質、安全、環境をスローガンにしている会社で安心して依頼をする事が出来ます。

それから、旭テクノプラントは、品質や精度を維持するために、国内だけでなく、海外でも様々な認証を取得しています。特に電気においてjcssを認定取得は中四国で初めてです。

Hioki

総合評価 ★★★★
利用満足度 ★★★★
サービス ★★★★
情報の多さ ★★★★
利用しやすさ ★★★★

Hiokiは科学技術の発展を助ける電気計測器の専門メーカーです。電気計測器は主に電子機器の検査に使われるもので、電子機器があらゆる場面で使われる様になった現代には欠かせないものとなっています。科学技術の進化と共にHiokiは電気計測器の改良に力を入れてきました。

Hiokiは製品の開発、設計を全社一丸となって行うことでコンセプトを共有し、品質の向上及び開発期間の短縮を行なっています。また、製品を生産した後の特許取得、計測器メーカーとして重要なjcssの認証を取得するなど、製品の保証態勢にも余念がありません。

サービス面ではお客様に密着し、要求に応じた生産、修理、校正を徹底して行なっています。さらに、受注窓口を製造部に設置することで、製造部とお客様の距離がかなり近いものとなっています。電気計測器の専門メーカーHiokiを是非ご利用ください。

製品評価技術基盤機構

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★
サービス ★★★★
情報の多さ ★★★
利用しやすさ ★★★★

製品評価技術基盤機構は、理系学問の発展に関わる独立行政法人です。製品評価技術基盤機構では、生物学と化学の発展に貢献しています。例えば生物学では、生物の遺伝資源の収集や保存、提供の他、ゲノム解析も行っています。

そして同時に製品評価技術基盤機構は、製品の安全性を調査する独立行政法人でもあります。具体的にどのようなことをするかというと、jcssやjnlaといった登録制度の認定を行い、適合性を判断することで安全性を守っています。

また、製品の安全性に関わる仕事もしていて、製品事故に関する調査や原因究明、事故の再発防止や未然防止のための情報提供を行っています。そして、安全のための標準化もしています。製品評価技術基盤機構のおかげで、日本の様々なものの安全性が信頼を持つようになっています。

OKIエンジニアリング

総合評価 ★★★
利用満足度 ★★★
サービス ★★★
情報の多さ ★★★
利用しやすさ ★★★★

OKIエンジニアリングは、計量法に基づく登録事業者及び国際MRA対応の、jcss認定事業者(平成26年11月13日登録)として、世界に通用する高い技術と信頼性で、信頼と実績を積み重ねてきた実力派企業です。

OKIエンジニアリングは、製造業にとって欠かすことの出来ない計測器の校正と言う分野に於ける、日本国内トップレベルの企業として、様々な信頼性試験や解析、測定からコンサルまで幅広く、高レベルに対応しています。

OKIエンジニアリングでは、様々なユーザーの要望を満たす為の取り組みとして、jcss認定だけでなく数多くの国内資格、国外資格を取得しており、常に世界に通用する高レベルなステージの維持に、努めています。

jcssは校正事業者の技術の高さを示すものとなる

 jcssというは、計量法トレーサビリティ制度を指して、登録事業者限定で使うことのできるロゴマークのことを言います。これは校正事業者認定制度として、平成5年から運営が開始されています。結構前々からある制度となっています。そして、しばらく時が過ぎて校正事業者登録制度として変更されたのが平成17年であります。この登録を行うためには、国際電気標準会議と国際標準化機構の両者が定めている校正機関の基準に当てはまる必要があります。
これが、結構厳格な審査があります。具体的には、校正を行うにあたって、その校正の方法や品質に関するシステム、設備、その他品質に関するシステムの運営状態等が、現地での審査及び書類審査によって行われます。そして、特に問題なければ登録されます。登録が認められれば、校正事業者はjcssのロゴマークが記された校正証明書を発行することが可能になります。それによって、日本国内での国家計量標準へのトレーサビリティが確保されます。つまりは、校正事業者としての技術水準の高さをjcssのロゴマークによって示すものとなるわけです。


jcssの概要を分かりやすくアドバイス

 jcssというのは、計量法に基づく計量法トレーサビリティ制度のことであります。こちらの制度は、「計量標準供給制度」と「校正事業者登録制度」の2つからなっています。また、後者の方はNITEが校正事業者認定制度として以前は運営をしていたのですが、平成17度7月1日から制度が変わりました。制度変更後は、校正事業者登録制度として運営をしています。この校正事業者登録制度は校正事業者を対象としていますが、その登録に関しては任意となっています。
また校正事業者の登録のための審査に関してですが、これは事業所からの申請に基づいてNITEが審査をします。NITEが申請してきた事業者の品質システムがきちんと適切運営できているかどうか、不確かさの見積もりをしていないかどうか、設備などが校正を実施する上で適切に行われているかどうかなどが審査項目となっています。


jcssとは計量法トレーサビリティ制度を表します

 jcssとはあまり耳にしない言葉ですが、japan calibration service systemの略称であり、計量法トレーサビリティ制度を表しています。平成17年7月1日の制度変更により校正事業者登録制度として現在運営されています。jcssの校正証明書は、そのマークによって日本の国家計量標準へのトレーサビリティが確保され、かつ校正事業者の技術能力のあることが一目でわかるというメリットがあります。又、近年ガス分析における計量証明の重要性が問題視され、トレーサビリティが確保されているjcss校正による計測機器の精度管理を行うことで長期間にわたる濃度変化が観測でき、正確に把握する事が出来ます。底質調査方法も国の定める内部精度管理や妥当性評価が定められ、保管から取扱い方法・機器管理まで刑法に定められた厳しい機器管理の元で行われます。